子育て 生活

サンタがポケモンのサン・ムーンというゲームを持ってくるかどうかずっと考えている。

投稿日:2016年11月18日 更新日:




2fc622c8c49fb12aba0b411b2f70ecfe_m

クリスマスがもうすぐですね、プレゼントはどうしますか?

 

 

2015年、保育園の年長さんの時にサンタ(親)が枕元に持ってきたおもちゃは、仮面ライダーゴーストのベルト。

次男には、こまち&はやぶさのプラレールの車両セット。

2014年は、キャラクターの運動靴。ふたりとも。

2013年は、キョウリュウジャーの武器のおもちゃ。次男はまだ赤ちゃんだったので、赤ちゃん用の音の出るおもちゃ。

2012年以前はもう覚えていません・・・。なんだったかな?

そんな感じで、昨年も、まだ戦隊モノかあ、と思った位でそんなに悩まずに、購入して、枕元に置きました。

今夜サンタがおもちゃを持ってやってくる。だっていい子にしていたもん。

そんな風にワクワクして寝ている子供に、

気づかれないように隠しておいたプレゼントを枕元に置く。

朝、すっとぼけた演技の親と、プレゼントに気付いて飛び起きる子供。

その一瞬の喜ぶ顔が、嬉しくて、親はサンタになるんだと思う。

子供の為ではなくて、自分たちの為にプレゼントを与えているんだなあ、とつくづく思っていた。

 

 

・・・そんな、平和なのも昨年まで。

 

スポンサーリンク

とうとうゲームソフトを欲しがる時期が来た。

 

小学校に入って、出会いが急に増えた長男。同じクラスの友達はもとより、学童の友達、友達の友達、たくさんの友達とふれあう中で、色んな遊びや、情報が入ってきているのでしょうね。

 

『ポケモンのサームーをお願いする。』

サームーって???

 

ググるとこんなソフトにたどり着きました。サン&ムーンだって。名前もちゃんと言えてないよ。

ちょうどTVCMが流れていたのでよく注意深く観ていたら、1本4980円(税抜き)だって。

上の楽天へのリンクは、価格が高いようなので、注意です。CM観るまで、適正価格と思っていました。

それにしても、サンとムーン、何が違うのでしょうか?そこからもうわかりません。

予約もしていないのに、クリスマスに合わせて、気軽に入手はできるのでしょうか?

 

それにしても世間はポケモン、ポケモン・・・。

妖怪ウォッチが欲しいと、言っていた時もあったよね。

それがすっかり今は、ポケモンフィーバーです。

ポケモンGOは、もう我が家ではすぐに飽きてしまってアプリも削除してしまいましたが、周りのお友達は、ポケモン熱が高いみたいです。

妖怪ウォッチはどうしたの?お母さんは、妖怪ウォッチの方が面白くて好きだな。

『妖怪ウォッチも好きだよー。』とテンション低めで返事。

戦隊モノから徐々に、ドラえもん、ドランゴンボール、クレヨンしんちゃんなどに興味を移して、どれもまあ、好きだけど、

でも今はポケモンがいい!ってことみたいです。

でもうちには、ニンテンドー3DSの本体がそもそもありません。

だから、本体も買うことになると、クリスマスプレゼントに2万円または3万円以上はかかる可能性があります。

親としての選択肢

値段のことはさておき、サンタを通じて欲しいものを買い与えるのか、

それとも、サンタにお願いはしていたけれど、別のモノを親が選んで与えるのかの2択で悩んでいます。

 

私が幼いころ、ちょうど長男と同じくらいの年齢のときに、リカちゃんだったか、ジェニーだったか、とても欲しいものがあった。親にももちろんアピールしてたと思うし、クリスマスの前日、サンタさんに手紙も書きました。

朝、目覚めた時に、欲しいものは枕元になくて、シールと、チョコレートのお菓子だけが置いてあり、それに気付いて、とても落胆しました。

『サンタにお願いしたけど、親は買ってくれなかった。』と思った記憶があります。

親がサンタってわかっていたのかな?きっとわかってたんでしょうね。

できることなら、希望に沿ったものをプレゼントしたい。

これは子供の為ではなくて、母親のエゴです。

自分があげたいか、あげたくないか。

自分がしてもらいたかったことを、我が子にしたいと思うのです。

 

とはいえ、今の長男にゲームを与えることは、どんな影響があるか考えてみました。

与えることの不安

ゲームに夢中になって、寝ても覚めてもゲームの事が頭から離れなくなるのではないか。

お友達と遊ぶときに、DSを持っている子を選んで、遊ぶのではないか。

外に遊びに行っても、DSを持って集まって、体を動かさずに指を動かすのではないか。

与えないことの不安

お友達の話題についていけないのではないか。

欲しいものが手に入らなかった、絶望を感じるのではないか。(大げさ)

与えることの希望

ゲームをする為のルールを作って、やるべき事と遊ぶ事とのメリハリをつけることができる。

物を大切に扱う事への教育ができる。

・・・うーん、なんかとってつけたような考えかな。

費用の事もあるので、もう少しよく調べつつ、夫と家族会議してみようと思います!

スポンサーリンク

こちらもどうぞ!

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
  • この記事を書いた人
たまよ

たまよ

共働き4人家族。貯金ゼロ家計から一念発起して、家計簿公開しているのをモチベーションに、暮らしを見直していくブログです。2016年8月からブログ開始。のんびりのんびり更新しています。

-子育て, 生活

Copyright© ちょきんブタ , 2018 All Rights Reserved.