時短・ずぼら家事 生活

【時短】ご飯を炊く準備がより楽になるお米の収納方法

投稿日:




こんにちは、今年小学2年生になる長男の春休みがようやく終わりました。私からすればこれでようやく本当に春が来た!と羽がはえるような嬉しさを、金曜日の仕事が終わったときに思いました。

保育園児には春休みなどは無いので、平常とさほど変わりませんが、長男には小学校の給食がもうありませんので、学童へ通うために毎日お弁当を持たせることになります。

フルタイムで働くママにとって、毎朝のお弁当作りというのは脅威です。ただでさえ、朝はバタバタなのに・・・!

というのも、女子力だけではなく、主婦力さえも少々(?)足りないからだけかもしれませんが。

私には、週5〜6でお弁当を持たせたこの2週間、かなりキツかったです。

でも、毎日『めっっちゃくちゃ、美味しかった!』そんな感想がもらえるので、なんとか乗り越えました。

毎日、お弁当を作っている方、本当に尊敬します〜!私も精進しようと思います。

 

そんな事はさておき、お米の収納について、ズボラな私にぴったりな方法を見つかりました!

スポンサーリンク

今までのお米の管理方法

なぜかずっと使っていた米びつ

一人暮らしをはじめた10年以上前に購入したスリムな形の米びつ。

色など違いますが、こういう形の米びつ。これ、サイズもちょうどよくて、シンクの下などにすっぽり入るからとってもいいんです。良い買い物したな〜、と去年まで10年以上使っていました。

デメリットはふたつ。

米袋で実家からお米をわけていただいているので、大きな米袋から、米びつにお米を移すのがめんどくさい。

虫がわいた。

このふたつです。コメムシっていうのかな?

ざざーっと、お米が出るボタンを押して、いざお米を取り出したら、白いはずのお米にうようよ動く虫たち・・・。背筋が凍ります。虫嫌いなので。

1度や2度ではありません。

 

対策としては、唐辛子を入れたり、米唐番をいれたりでした。確かに効果はありますが、しかし結構コストもかかる・・・。

気をつけてはいましたが、去年の夏とうとう虫がわいてしまい、何もかも嫌になって、ついに米びつを断捨離しました。

別になくてもいい!米びつ!

なぜこんなに何年も米びつを使っていたのだろうか?

それは、実家が米びつを使っていたから。幼少期からずっとそれで育っているので、なんかそういうものだ、って思い込みでずっと。

それからはペットボトルに移し替えて保存。

密封されている為、虫がわくことはありません!たぶん。

収納としては、吊り戸棚です。後ろに見えるは、電動かき氷機です。

でも、結局のところ、

ペットボトルにお米を移すのがめんどくさい。

まとめて作業しようと思ったら、何本もカラのペットボトルを用意しないといけない。

2リットルのペットボトル容器に入ったお米さえ、すぐになくなってしまうので、何回もペットボトル容器に移し替えるということがとにかく億劫。

もう少し楽な方法ないかな〜?

使う量で小分けにしてみたら、とっても楽ちんだった!

そこで行き着いたのが、小分けにして保存。

我が家はご飯を3合炊きすることがほとんど。ってことは、3合ずつ分けておけば、いいんじゃないかな?と思って早速実践してみました。

まずは、いただき物のお米5キロ。パルシステムの無洗米。

 

いつもお米はカップ計量していたけれど、今回は重さで3合を計る事に。

1合=150g

3合分は450g。さっそく作業していきます。

用意したのは、100円均一で買った手頃なビニール袋。

 

 

ちょっと思ったより小さいサイズで、失敗した買い物だったので、遠慮なくどんどん使います。

はかりにお皿とビニール袋をセットして、0gにリセット。

 

 

約450g、適当に入れます。

 

 

きゅっと口を結んでひとつ終了。

 

 

割り切れないので、最後はちょっと多い量になりましたが、気にしません。ちょっとお水を気持ち増やせばOKでしょう。

 

3合のお米袋が11回分できました!

 

3日に2回くらいお米を炊く機会があります。なので、1ヶ月弱はこれでもつ、というペース配分も可視化できて良い感じです。

作業は難しくなく、10分足らずでした。

この米袋の収納は、ビニールが破れてしまってお米がこぼれる可能性もあると考え、念には念をいれてビニール袋を入れた紙袋に入れました。(オシャレではないので要見直し・・・)

お米の保管場所は冷蔵庫がいいようですが、冷蔵庫がいっぱいだったので、冷凍庫にとりあえず保管。

 

お米を袋に分けるメリット

当然だけど3合を計る手間がない。

そのままお釜の上で、指でビニールを破ってしまうだけ、扱いが簡単。

キャンプやアウトドアでも持ち運び便利。

当然、虫もつかない!

もちろん、2合でも4合でも、好きな量で分けたらいいと思います〜。

そして何より、時短!

お米をカップで計っていれるのと比べても、ほんの1分程度の違いだと思いますけど。

11個の袋にわける作業が10分で、1回につき1分の時短じゃ元がとれないじゃん!って思うかもしれないけど。

働いていると、平日の家事の負担ははるかに大きいので、平日の朝や夕方の1分、2分の時短は心理的にはとても大きいものだと思っています。

スポンサーリンク

 

こちらもどうぞ!

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
  • この記事を書いた人
たまよ

たまよ

共働き4人家族。貯金ゼロ家計から一念発起して、家計簿公開しているのをモチベーションに、暮らしを見直していくブログです。2016年8月からブログ開始。のんびりのんびり更新しています。

-時短・ずぼら家事, 生活

Copyright© ちょきんブタ , 2018 All Rights Reserved.