お金 家計簿

【ウェブメディア掲載】家計簿記事を寄稿しました

2018/10/1

お久しぶりの投稿です^^ この度、大手カードローン解説サイト、カードローンの巨匠様のウェブメディアに「家計簿記事」を掲載させていただきました。 カードローンってちょっと怖いイメージがあるけど?と思っていましたが、もしお金を借りる必要がでてきた場合に、このサイトを見ると、カードローンに関しての正しい知識や、目的別の各社比較がすぐにでき、とても便利で、わかりやすいサイトです。 そんな、素敵なサイトに寄稿させていただく機会ができ、 家計簿つけててよかったなあ~、と心から思いました。 私のおウチの家計簿大公開!第 ...

ReadMore

アプリ お金

宝石買取・街の買取店での買取価格は?リカラットNOW買取と比較してみた!

2018/6/20

前回の、リカラットNOWの記事を書きながら、段々と婚約指輪の売却を真剣に検討するように。 この度、無事に振込手数料250円をひいた、48091円で売却することができました!※おなじ品物でも、時期によって、査定額が変動します。 5月の査定時は、iPhone用のアプリで、48734円の鑑定額が出たのですが、 あまりにも簡単すぎる査定結果に、はたして、これは正当な金額なのだろうか? インターネットでは、ダイヤモンド強化買取中!とよく見るけど、実際に店舗で買取した場合には、いくらくらいの査定になるのか? と疑問が ...

ReadMore

アプリ お金

リカラットNOW使ってみた。アプリの宝石査定で婚約指輪はいくらになった?

2018/5/6

皆さんは、家に眠っている宝石やジュエリー、ゴールドを売ろうかな、って思う時ってどんな時ですか? 私は過去、お金に困った時に、ダイヤモンドの婚約指輪を売ろうかどうかものすごく迷いました。次男の妊娠出産で、貯金もろくにないのに、世帯収入が激減し、赤字続きだった時です。 大切な指輪ではあるけれど、生活のために背に腹はかえられぬ。 買取査定については、主にインターネットで調べていたのですが、当時盛り上がっていた金(ゴールド)の買取に比べて、ダイヤモンドの指輪の相場などがいまいちわかりませんでした。 そもそもダイヤ ...

ReadMore

お金 キッズケータイ

2018年・最新のキッズケータイ料金比較、親が格安SIMの場合の選び方

2018/4/7

小学校1年生になった息子に、キッズケータイを持たせたのが、およそ1年半前。 その時の記事がこちら⇨悩んでいたキッズケータイを買った。後編。安心料はプライスレス。 1年半経ち、この春から小学校3年生になります。これまで、キッズケータイを持たせた感想は、やっぱり安心料としては良かったな、と。 実際はキッズケータイを学校に持っていくこともないし、ほとんど留守番することもなかったし、使う出番がかなり限られていました。 契約した当初のキャンペーン適用もいつの間にか期間終了し、今は通話をほとんどしなくても、900円く ...

ReadMore

お金 家計簿

【2月家計簿公開】現金は減る。資産は微増。

2018/3/4

家計簿ってつけていますか? 7割の人が家計簿つけてないみたいです。 つけたからって、貯金ができるとは限らないでしょ?というあなた。 たーしかにーー。。 うちはようやくここ2年くらい家計簿をつけるようになったのですが、最初の頃の、「家計改善」に向けたメラメラ感が薄れて、今はゆるゆるです。全然貯金できていない。 去年、2017年2月の家計簿の頑張ってたな感を見て、そう思いました。 何だろう、ちょっと疲れちゃったのかな。 でも記録をつけておけば後で改善したいと思ったときに、優先順位を考えながら、対策しやすいと思 ...

ReadMore

お金 家計簿

2018年・モチベーションをあげる家計簿に改良!1月家計簿も公開。

2018/2/4

家計簿が半年と続くことがなかった私が、永岡書店の手帳型の家計簿を使ってみて3冊目を迎えることができました。2年以上継続することができているというのは、私にとって快挙です。 >>2018年度もリピート。ズボラ主婦には、家計簿付きの手帳がお金がたまりやすくてオススメ ただそれでも満足していたわけではありませんでした。 手帳型の家計簿は、持ち運びが容易で、会社でも仕事の空き時間にサクッと書き込めるので、お財布からの支出の記録にはすごくいいのですが、全体的なお金の流れの管理がうまくいっていませんでした。 貯金額も ...

ReadMore

お金 初心者の確定拠出年金

知識ゼロからはじめる確定拠出年金(iDeCo)②

2018/1/22

確定年金拠出(ideco)を始めたい! と思ってから数カ月、とりあえず証券会社を決め、資料を取寄せ、申し込みをする、ということまでは出来ました! 我が家では個人型確定年金拠出に加入します。 前回までの記事はこちら→知識ゼロからはじめる確定拠出年金(iDeCo)① 証券会社は手数料の安い、SBI証券または楽天証券で検討してした結果、管理画面が見やすい、という口コミを聞いて楽天証券に決めました。 事務手続となる申し込みは、問題なく出来ました。 夫は月に23000円。妻の私は月に5000円の掛け金で始めることに ...

ReadMore

お金 貯金

共働きの年間貯金額はいくらだった?2017年・収支を振り返り。

2017/12/31

大晦日です。 まだ11月12月の家計簿もブログにあげていないのですが、2017年、我が家はどれくらいを消費して、どれくらい貯金できたのか、貯金ブログらしくまとめてみようと思います。 他人んちの通帳、見てみたくないですか?深夜番組じゃないけど。 最後の方で、見せちゃいます。ヤケクソ。 共働き夫婦の年間手取り収入 夫婦ともに、ボーナスありません。通帳に振り込まれた手取収入です。 今年、私は、年末調整で生命保険料控除しませんでした。ふるさと納税や、新しく始めた確定拠出年金などと一緒に確定申告するつもりです。3月 ...

ReadMore

お金 家計簿

9月と10月まとめて家計簿公開。最近、ネットショッピングすることが増えてきた・・・。

2017/11/11

先月サボってしまったので、2ヶ月分一緒に家計簿公開。 先月、先々月を比較しながら振り返ることができてよかったです。 みなさん、家族でスシロー行ったら、いくらくらい使います?うちは、ちょっと気をつけながら食べても、5千円くらいいっちゃいます。 子供も親も、みんなお寿司が大好き。そんな我が家の近所に最近、スシローがオープンました。 外食だと高いけど、持ち帰りならサイドメニューを頼まなければ安く済むし、お得だよね?なんて、疲れてご飯作りたくない時に、楽したいが為にホームページから好きなネタを選んで、注文。 3千 ...

ReadMore

家計簿 手帳

2018年度もリピート。ズボラ主婦には、家計簿付きの手帳がお金がたまりやすくてオススメ。

2017/10/7

2017年に引き続き、2018年もまたまた、永岡書店の「Schedule&Money Book」をリピート購入しました。Amazonで送料無料でお取り寄せ。 価格も734円とお安いのですよ。 私はかなりの飽き性で、継続することがなかなかできないタイプ、家計簿は今までずっと挫折続きなのですが、この手帳だけは、続けることができています。 家計簿は書くだけでは意味がない、なんて言いますが、そんなことはないと思います。 今までの家計が不透明でわからない、と思うのなら、書くだけでだんだんとお金の流れがわ ...

ReadMore




お金 読んだ本

共働き妻の年収・大公開。づんの家計簿で手書き。

投稿日:2017年1月22日 更新日:

スポンサーリンク

家計簿の付け方について、2016年手帳型の家計簿を使い、まずまずうまくいったな、と思っています。

くわしくは、こちらの記事で紹介しています。この手帳、結構売れているみたいで、嬉しく思います。

2017年の手帳&家計簿をリピート購入!オススメできます〜!

2018年も同じ手帳をリピートしました。こちらの記事でご覧ください。 書店や文具店に2017年度の手帳や家計簿が並ぶ季節になりましたね! 継続が苦手で、手帳も家計簿も1年間ちゃんと使いこなせず、中途半 ...

しかしながら、更に今年はやりくり費を把握したい。食費とか、日用品代とか、現金で使うお金がいくらくらいかかるのか、ちゃんとわかった上で、節約できるところはあるか、または、限界なのか。

もし、全ての出費が、必要なものだった、となれば、やりくり費で悩む分だけ無駄な事ですからね。

というわけで、ちまたで話題の、「づんの家計簿」を買いました。

づんの家計簿

書きたくなるお金ノート、って上手なタイトルつけたなあ、としみじみ思います。

本の中、じっくりみると、本当に真似してつけたくなるんですよね。

なんででしょう〜。

内容としては、買ったものを全て書き出していく方法の家計簿(の付け方の本)。

食費、日用品、その他とざっくり3項目でわけて記入している、私流とは、相反しますが、逆に、書いているときに一切項目わけせずに書いているので、ある意味、迷わなくていい、ともいえます。

眺めているだけでも楽しい本ですよ。

でも私と、著者のづんさんは、圧倒的にセンスが違う。同じ様に書きたくても、こんなに美文字じゃないし、バランスよく書けない。

それはそれとして、書きたい気持ちを大事に、まずは、ノートに買ったものを全部書き出す作業と、

給与明細をまとめてみました。

手帳型の家計簿と同時進行です。全部書き出すのはいつ挫折するかわからないので・・・。

参考にしたのは、このページ。107ページ目です。

無印良品で買ったグッズはこちら。

文房具を買うのってなんてワクワクするんでしょう。

家を探せば、代用できそうなものたくさんありそうだったけど、ここはトキメキ感を優先。

さっそく、真似して、給与明細をまとめてみました。見本と全然違うけど・・・。

共働き妻の給与、一覧です!

わー、ここまで晒しちゃって大丈夫でしょうか、と思いつつ、とってもリアルな私の収入事情です。

これといって資格や経験もほとんど無い割に、時給が割と高い所が気に入っているのですが、業務内容のボリュームが大きくて、毎日の緊張感が結構あります。

仕事の事は置いておいて、毎月「ふーん」と手取金額しか気にしていなかった給与明細。こうやって書き出してみると、色んな事がわかってきます。

会社の都合で、4月から健康保険料が値上がっていたこと、10月から厚生年金額が上がったこと、何も気付かずここまできていました。

時給が20円上がった所で、控除の金額も年々増えており、手取り額が増えるわけではない。結局の所、たくさん出勤すると、お給料も増える、ってことなんですよね。

源泉徴収票。書かれている事を理解してみよう。

源泉徴収金額も、全くといって気にしていませんでした。

ふるさと納税の試算に使ったくらい・・・。

どんな内容なのか、ちゃんと調べてみました。

支払い金額

2,661,718円。12ヶ月分の合計と一致していました。これがいわゆる「年収」というもの。

給与所得控除後の金額

1,682,000円。

この計算は少し複雑で、まずはこの表に年収を当てはめます。

国税庁のHPより。

私の場合は、上から2段目。

2,661,718円ではあるのですが、まずは、その前に、4で割ります。

2,661,718÷4= 665,429.25円となるので、この数字から1000円未満を切り捨て、665,000円とします。

そして、また4を掛けます。665,000円×4=2,660,000円。

この数字を2段目の計算式に当てはめると、

266万円×0.7-18万円=1,682,000円

ひゃっほー!一致しました。

なぜか、がわかると嬉しくなる。

続いて、隣の数字はどうやって出したのでしょうか?

所得控除の額の合計額

これは、所得からこれだけ控除してあげますよ〜、という割引みたいなもの。

所得金額が少なければ、税金も少ないわけで、所得金額から、割引が多ければ多いほどいい、毎年毎年、年末調整で、会社に生命保険料の控除証明書を提出するのは、この割引に役に立つ。

私の場合は、28年度は、10万円の生命保険料控除が受けられます。(最高金額は12万円)

そして、社会保険は、健康保険と厚生年金と雇用保険の事で、合計359,070円を払いました。

そして誰でも一律受けられる基礎控除。私の扶養には誰も入っていませんので自分の分だけ、38万円

10万+359,070円+38万円=839,070円

こちらも一致しました!

源泉徴収税額

月々引かれていた所得税の年間金額は、53,900円。年末調整で戻ってきたお金が、10,860円。

引いた額が、源泉徴収税額の42900円になります。これが、私が28年度に支払った所得税、という事になります。

この源泉徴収がどのように導かれたのかは、この速算表にあてはめます。こちらも、国税庁HPにあったものです。

私の場合は、所得の控除されたあとの所得金額が、842,930円です。

これに0.5%の税率を掛けると、42,146.5円です。ちょっと数字が合わない。

あ、これにまた東日本大震災後、復興特別所得税というのが掛けられるんですね。ニュースできいたような、聞いていないような。認識したのは今が初めて。全く知りませんでした。

上の金額を100円以下を切り捨てました。42100円。

これに、2.1%の税金を足します。42100×0.021=884.1円。

この884.1円も100円以下を切り捨て、800円に。

42,100円+800円=42,900円

一致しました!ぱちぱち。100円切り捨てなのかどうかはわからないけど、この数字にするために、無理矢理そうしました。多分、こんな感じだと思います、きっと。

源泉徴収を読み解くのって、結構疲れますね、、、でも来年からはもっと簡単にできそうです。

まとめ

毎日、頑張ってきたお仕事で、いくらもらえているのか、納税ではどれくらい貢献できているのか、税金というのはどんな仕組みで払っているのか、感じることができて、大満足。

ちなみに、収入から何%くらい引かれているのか計算したところ、17.724%、ざっくり18%が税金やら、年金やらで引かれていたお金。今、時給が1600円で、7時間フルで働くと11200円だわ〜。と思っていたけど、これからは9千円位だわ〜、と思って、月の給料を楽しみに待とうと思います。終わり!

 

役に立った!はこちら↓。 役には立たなかった!もこちら↓。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
たまよ

たまよ

共働き4人家族。貯金ゼロ家計から一念発起して、家計簿公開しているのをモチベーションに、暮らしを見直していくブログです。2016年8月からブログ開始。のんびりのんびり更新しています。

-お金, 読んだ本

Copyright© ちょきんブタ , 2018 All Rights Reserved.