お金 保険

なぜ保険に入るの?医療保険は元はとれない。

投稿日:2016年8月19日 更新日:




以前、私は生命保険の外交員として勤めていた時期が1年くらいありました。

向いていなくてすぐに辞めてしまいましたが、貴重な経験でした。

先日公開した7月家計簿公開を見ればわかる通り、我が家の保険は高額です。月に約4万円。(ここに子供用の保険は含まれていません、私たち夫婦だけの保険代です。)

 

その中に実は、私と夫それぞれの医療保険も含まれています。

それを棚にあげてなんですが、私自身は医療保険は元がとれずに無駄だと思っています。

なぜなら、多くの医療保険は、長い目で見ると、保険料で払った金額よりも保険金で受け取る金額が大きく下回る確率が非常に高いと思うからです。

上回る人がいるとしたら、それはほんの一部の方ではないかという印象があります。

 

一般的な医療保険の内容は、病気・ケガの入院で支払われる入院給付金と、手術をした時に支払われる手術給付金で構成されています。

それに加えて、特約で通院保障や、死亡保障、先進医療などを追加することもできます。

自分がどんな内容の保険に加入しているか、把握していますか?

スポンサードリンク

 

保険料が3000円の場合、終身で30歳から80歳まで加入し続けた場合、総額の保険料は、なんと180万円。長生きすればもっと保険料がかかります。

 

入院限度日数が1回の入院で60日の保険が多いです。日額1万円の保険なら、入院を60日を2〜3回と手術を10回くらい受けたら元がとれるかも?

そもそも、今はそんなに長い入院をなかなかしないのですが。

近年では、国は治療よりも予防に力を入れているときいたことがあります。

そこいらのおばちゃんでも、

「最近は、長く入院させてくれないんでしょ!すぐに病院出されちゃうのよね。」

って知っています。

 

だったら、貯金しておいた方がいいんじゃないか、って思います。

医療保険さえ入っていれば、急に入院することになっても、生活は大丈夫!ではなくて、

治療費の足しになる程度の給付しかおりないと思います。

1泊2日入院して、手術しても、12万円の給付金とか。

入院給付金が5千円のプランなら、半分の6万円給付金ですね。

保険会社に提出する診断書を病院にだしてもらうのも、病院によっては、5千円〜1万円くらいします。

私も、ずっと保険はお守り。保険は必要、と思って育ってきましたが、

保険に入って安心感を得るよりも、現実をみて、急な出費に備えた貯金を用意した方が賢明ではないか、と考えるようになりました。

もしお友達に保険を提案するなら、がん保険や、脳卒中、心筋梗塞などの重大疾病に重点おいた保障や、

貯蓄型の死亡保障を提案するかもしれません。

こちらもどうぞ!

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
  • この記事を書いた人
たまよ

たまよ

共働き4人家族。貯金ゼロ家計から一念発起して、家計簿公開しているのをモチベーションに、暮らしを見直していくブログです。2016年8月からブログ開始。のんびりのんびり更新しています。

-お金, 保険

Copyright© ちょきんブタ , 2018 All Rights Reserved.