アプリ お金

宝石買取・街の買取店での買取価格は?リカラットNOW買取と比較してみた!

2018/6/20

前回の、リカラットNOWの記事を書きながら、段々と婚約指輪の売却を真剣に検討するように。 この度、無事に振込手数料250円をひいた、48091円で売却することができました!※おなじ品物でも、時期によって、査定額が変動します。 5月の査定時は、iPhone用のアプリで、48734円の鑑定額が出たのですが、 あまりにも簡単すぎる査定結果に、はたして、これは正当な金額なのだろうか? インターネットでは、ダイヤモンド強化買取中!とよく見るけど、実際に店舗で買取した場合には、いくらくらいの査定になるのか? と疑問が ...

ReadMore

アプリ お金

リカラットNOW使ってみた。アプリの宝石査定で婚約指輪はいくらになった?

2018/5/6

皆さんは、家に眠っている宝石やジュエリー、ゴールドを売ろうかな、って思う時ってどんな時ですか? 私は過去、お金に困った時に、ダイヤモンドの婚約指輪を売ろうかどうかものすごく迷いました。次男の妊娠出産で、貯金もろくにないのに、世帯収入が激減し、赤字続きだった時です。 大切な指輪ではあるけれど、生活のために背に腹はかえられぬ。 買取査定については、主にインターネットで調べていたのですが、当時盛り上がっていた金(ゴールド)の買取に比べて、ダイヤモンドの指輪の相場などがいまいちわかりませんでした。 そもそもダイヤ ...

ReadMore

お金 キッズケータイ

2018年・最新のキッズケータイ料金比較、親が格安SIMの場合の選び方

2018/4/7

小学校1年生になった息子に、キッズケータイを持たせたのが、およそ1年半前。 その時の記事がこちら⇨悩んでいたキッズケータイを買った。後編。安心料はプライスレス。 1年半経ち、この春から小学校3年生になります。これまで、キッズケータイを持たせた感想は、やっぱり安心料としては良かったな、と。 実際はキッズケータイを学校に持っていくこともないし、ほとんど留守番することもなかったし、使う出番がかなり限られていました。 契約した当初のキャンペーン適用もいつの間にか期間終了し、今は通話をほとんどしなくても、900円く ...

ReadMore

お金 家計簿

【2月家計簿公開】現金は減る。資産は微増。

2018/3/4

家計簿ってつけていますか? 7割の人が家計簿つけてないみたいです。 つけたからって、貯金ができるとは限らないでしょ?というあなた。 たーしかにーー。。 うちはようやくここ2年くらい家計簿をつけるようになったのですが、最初の頃の、「家計改善」に向けたメラメラ感が薄れて、今はゆるゆるです。全然貯金できていない。 去年、2017年2月の家計簿の頑張ってたな感を見て、そう思いました。 何だろう、ちょっと疲れちゃったのかな。 でも記録をつけておけば後で改善したいと思ったときに、優先順位を考えながら、対策しやすいと思 ...

ReadMore

お金 家計簿

2018年・モチベーションをあげる家計簿に改良!1月家計簿も公開。

2018/2/4

家計簿が半年と続くことがなかった私が、永岡書店の手帳型の家計簿を使ってみて3冊目を迎えることができました。2年以上継続することができているというのは、私にとって快挙です。 >>2018年度もリピート。ズボラ主婦には、家計簿付きの手帳がお金がたまりやすくてオススメ ただそれでも満足していたわけではありませんでした。 手帳型の家計簿は、持ち運びが容易で、会社でも仕事の空き時間にサクッと書き込めるので、お財布からの支出の記録にはすごくいいのですが、全体的なお金の流れの管理がうまくいっていませんでした。 貯金額も ...

ReadMore

お金 初心者の確定拠出年金

知識ゼロからはじめる確定拠出年金(iDeCo)②

2018/1/22

確定年金拠出(ideco)を始めたい! と思ってから数カ月、とりあえず証券会社を決め、資料を取寄せ、申し込みをする、ということまでは出来ました! 我が家では個人型確定年金拠出に加入します。 前回までの記事はこちら→知識ゼロからはじめる確定拠出年金(iDeCo)① 証券会社は手数料の安い、SBI証券または楽天証券で検討してした結果、管理画面が見やすい、という口コミを聞いて楽天証券に決めました。 事務手続となる申し込みは、問題なく出来ました。 夫は月に23000円。妻の私は月に5000円の掛け金で始めることに ...

ReadMore

お金 貯金

共働きの年間貯金額はいくらだった?2017年・収支を振り返り。

2017/12/31

大晦日です。 まだ11月12月の家計簿もブログにあげていないのですが、2017年、我が家はどれくらいを消費して、どれくらい貯金できたのか、貯金ブログらしくまとめてみようと思います。 他人んちの通帳、見てみたくないですか?深夜番組じゃないけど。 最後の方で、見せちゃいます。ヤケクソ。 スポンサーリンク 共働き夫婦の年間手取り収入 夫婦ともに、ボーナスありません。通帳に振り込まれた手取収入です。 今年、私は、年末調整で生命保険料控除しませんでした。ふるさと納税や、新しく始めた確定拠出年金などと一緒に確定申告す ...

ReadMore

お金 家計簿

9月と10月まとめて家計簿公開。最近、ネットショッピングすることが増えてきた・・・。

2017/11/11

先月サボってしまったので、2ヶ月分一緒に家計簿公開。 先月、先々月を比較しながら振り返ることができてよかったです。 みなさん、家族でスシロー行ったら、いくらくらい使います?うちは、ちょっと気をつけながら食べても、5千円くらいいっちゃいます。 子供も親も、みんなお寿司が大好き。そんな我が家の近所に最近、スシローがオープンました。 外食だと高いけど、持ち帰りならサイドメニューを頼まなければ安く済むし、お得だよね?なんて、疲れてご飯作りたくない時に、楽したいが為にホームページから好きなネタを選んで、注文。 3千 ...

ReadMore

家計簿 手帳

2018年度もリピート。ズボラ主婦には、家計簿付きの手帳がお金がたまりやすくてオススメ。

2017/10/7

2017年に引き続き、2018年もまたまた、永岡書店の「Schedule&Money Book」をリピート購入しました。Amazonで送料無料でお取り寄せ。 価格も734円とお安いのですよ。 私はかなりの飽き性で、継続することがなかなかできないタイプ、家計簿は今までずっと挫折続きなのですが、この手帳だけは、続けることができています。 家計簿は書くだけでは意味がない、なんて言いますが、そんなことはないと思います。 今までの家計が不透明でわからない、と思うのなら、書くだけでだんだんとお金の流れがわ ...

ReadMore

お金 家計簿

【8月家計簿公開】家計簿付きの手帳で手書き家計簿。やりくり費の全貌をそのまま公開。

2017/9/23

毎度、遅いのですが、8月の家計簿を締めました。 最近では、パソコンで家計簿の表を作ったりしてましたが、今回は手書きで書いたものを。テキトーなのが字体からわかると思いますが、これもまた味! 共働き夫婦、小2と保育園児の兄弟がいる4人家族の家計簿です。 スポンサーリンク 収入 2人合わせての手取り収入52万5189円です。7月に支払いされた分で、8月を過ごしています。 今月はなぜか、夫の給料が多めだったので、いつもより多い金額でした。 我が家にはボーナスがありません。 支出 暮らしにまつわる固定費 164,6 ...

ReadMore

お金 年金

ねんきんネットで将来もらえる年金額を試算してみた。未納分に目をそらしてはいけない。

投稿日:2017年3月25日 更新日:




ねんきんネットというのをご存知でしょうか?このたび、あえて目を背けていた公的年金について、ようやくちゃんと現実を見なければ、と思いはじめました。

ねんきんネットは、登録さえしてしまえば、自分の年金支払い情報にあった試算ができるので、将来の年金について具体的に考えることができます。

 

ライフプランを作りたい。

macchiさんのブログ、住宅・教育・老後資金は、いつまでに、いくら必要?簡単なライフプランを作ろう!という記事で、私も将来のライフプランを作って、どれくらいの貯金が必要なのかを把握したい!

と思ったはいいものの、

退職金はほとんどアテにできないわ、今の資産も少ないわで、知るのが怖かったのもあるんです。

いくら必要?と試算してみて、とうてい貯金しても無理な金額だったらどうしよう・・・と。

でもそれならそれで、どうすればいいのか考えないといけないしね。

現実を知ることがまず第一歩。目をそむけてはいけません。

ライププランを作る上で、重要な年金額試算。

一般的な話は、あくまで一般論。

この前、職場に営業に来ていた生保レディが、年金試算できます、というチラシをもっていたので、お願いしました。

年齢だけ聞かれたんですけど、数日後いただいたのは、年金だけではなくて、「生涯設計プラン」という立派な試算表でした。

しかし、平均的な会社員給与で、計算された試算だったので、悲しいことに我が家の実際とはだいぶ違う・・・。

役に立たなかった・・・ということもなかったです。平均的な金額を知る事も大切。

我が家のもらえる年金額は、平均より少ないのだな、ということはわかったのだから。

かといって、毎日職場の入り口で立っている生保レディさんに自分んちの詳しい収入などの個人情報をお伝えしてまでライフプランを作ってもらおうとは思いません。やはり、知られたくないのなら、自分で作るのが一番だという事です。

我が家の老後の悩み、それは、

 

夫婦ともに、基礎年金の未納があること・・・・。がーん。

 

 

今はふたりとも勤務先で、厚生年金で強制的に天引きされていますが、以前は年金なんて、どうせ私たちの老後にはもらえないでしょ?興味ないなあ〜。なんて、国民の義務でもあるのに、目の前のお金しか見ていませんでした。

夫も数年前に転職して今の仕事をしていますが、18歳で就職していた会社も厚生年金ではなかったときいて、ちょっとびっくりしました。

しかしその事を知ったのもつい最近。今まであまり興味なく聞くこともなかったのだと思います。

若いうちは、「年金なんてららーらーららららーら〜♪」なんて感じでしたが、今の時代、どんなに料率がいい個人年金だって、一生涯、支払い続けられるような商品なんておそらくありません。

いわゆる民間の保険会社で、終身年金の商品がもしあったとしても、ものすごく高い保険料で、支払われる年金もごくわずかであるはずです。

なんだかんだ、死ぬまで面倒みてくれるのが、国民年金。

こんな不安定な世の中で、老後の心配がちらつく、アラフォーな私たちは、今は「年金様〜〜〜!」という心境なのです。

支払っていなかった事実を後悔しててても仕方が無い。

ひとつずつ整理していくべきことです。

 

年金試算は、ねんきんネットがとてもわかりやすかった。

毎年お誕生月あたりに送付されてくる「年金定期便」すら、あまりちゃんと読まずに捨てていました。

見たくないというか、面白くないというか・・・。

見てもよくわからないんですよね。

加入実績に応じた年金額、というのが記載されているのですが、それは将来払う予定の年金を含まない計算になっていて、今例えば年金支払いをやめたとしてももらえるだろう金額になっています。

でもその金額ではイマイチよくわかりません。

一体、将来いくらくらいの年金がもらえるんだろう?

たまよ
ま、いっか、もらえる時期になったらわかるでしょ!

って、いやいやいや〜!それじゃ駄目でしょ!

そこで、ねんきんネットが役に立ちました。もらえる金額がすぐに計算されるのです。

ねんきんネットの登録は手元に何も資料がなく、初めての場合、数日かかります。

新規登録をすると、本人確認の為、ユーザーIDが載ったハガキが自宅に届き、初めてログインできます。

ねんきんネットでできること。

ログインすると、自分の年金の支払い状況が具体的に細かくわかります。

ねんきんネットでできることは、下記です。

▶︎年金見込試算、が気になりポチリ。

試算の仕方も3つありますが、ここは、かんたん試算で。

今のまま、60歳まで働き続けた場合の試算ができます。かなり現実的。

将来の年金額が試算できました。

どきどき。ぽちっとな。してみますとですね、

年金試算額が出てきました。月額で出てきますが、年額にした場合はこんな感じになりました。

夫『約108万円』

妻『約104万円』

ふたり合わせて、210万円!!!

 

く、暮らせるでしょうか????

ちなみに、今の仕事をずっと続けた場合なので、例えば仕事を辞めてしまって、厚生年金が無くなると、もっと年金額は少なくなります。

これは、かんたん試算の下の、『質問形式で試算』でシュミレーションすることができます。

 

210万円、少なく思いますが、あと25年後に、年金額が全体的に引き下げられている可能性もあります。

 

年金額よりも老後にどんな暮らし方をするか、ということを考えておくのも大事。

また、夫の両親はもともと自営業で、今、年金暮らしをしています。厚生年金の上乗せ部分が無いため、ふたりの年金額は、夫婦ふたりで、156万200円。未納がある私たち夫婦の試算よりももっと少ないですね。

でも、堅実な暮らしをしており、周りを心配させるような事は一切ありません。それどころか、遊びにいくとご飯を食べさせてくれたり、子供たちの好きなお菓子を買ってくれていたり、衣服など買っていただくこともあり、とても助かっています。

生活が大きくなければ、充分暮らせるんだな、という見本でもあります。

また、夫婦の合算金額で想定していますが、どちらかが亡くなればまた受給額も大きく変わってきますよね。

考えたらきりがないので、難しいですね。

未納分の年金を今から支払う事を検討中

今は、最大5年間さかのぼって年金の未納分が払えるようです。

支払える分があるのか、正確にはわかりませんでしたが、ねんきんネットによると、私も夫もそれぞれ約20万円くらい追納できるとありました。

1カ月分の後納保険料を納付することにより、増額する老齢基礎年金の目安は、年額約1625円だそう。

具体的に、年金ネットでも後納した場合としなかった場合の比較をすることができました。

 

私が、約20万円を後納した場合、増額分で、元がとれるのが、なんと85歳の時・・・。

微妙・・・。

でもこうして悩んでいる間にもきっと後納できる月数がどんどん少なくなっていくかもしれません。

とても悩ましいです。

スポンサーリンク



  • この記事を書いた人
たまよ

たまよ

共働き4人家族。貯金ゼロ家計から一念発起して、家計簿公開しているのをモチベーションに、暮らしを見直していくブログです。2016年8月からブログ開始。のんびりのんびり更新しています。

-お金, 年金

Copyright© ちょきんブタ , 2018 All Rights Reserved.