お金 家計簿

夫の小遣いが4万円の理由。(増額キャンペーン中)

投稿日:2016年11月28日 更新日:




wallet-1081310_1280

旦那様は、お小遣い制ですか?それとも、夫婦で財布は別ですか?

我が家はもちろんお小遣い制です。

他人の家計でついつい気になるのが、旦那さんのお小遣いの金額です。

色んなパターンがあると思うのですが、家庭によって「夫小遣い」の金額は、違って当然。

手取りがいくらだからその1割とか、

サラリーマンの平均お小遣い額がいくらだから、とデータに基づく設定もいいかもしれませんが、

各家庭の家計の中で、お小遣いのつかい道をしっかり話し合って、

どの金額で「家庭円満」「ストレスない生活」になるか折り合いをつけて設定する事が大事かと思います。

我が家のお小遣い額は長い間、2万円でした。

それを、家計見直しにテコ入れした2016年、

固定費を下げるべく、奮闘していたわけですが、その中で、なんとお小遣いの金額が2万円→4万円の倍額に!

支出としては大打撃ですよ。毎月予算を組む時に、「ああ、夫のお小遣い、多いなあ。」なんて心でつぶやいていますから。

なぜ、貯金をしよう!と強く思っている時期に、夫の小遣いが4万円になったのでしょうか。

スポンサーリンク

お小遣い2万円だった理由

お小遣いの使い道

付き合い始めの頃に、私の暮らす一人暮らしの部屋に転がり込んできた夫。

その頃から、ほぼ、お小遣い制だったような記憶があります。

うちの夫は、浪費家で、お金はあればあるだけつかえるタイプ。

浪費家というと、本人は、私の方がお金つかっているじゃん!と思うかもしれません。

お金のつかい道が違うんですよね、

私は、モノを買うタイプ。

夫は、タバコを吸う、コンビニでお菓子を買う、ギャンブルで熱くなる、居酒屋での飲み代は1回1万円くらい(はしごもするし、締めにラーメンも食べるし)。

私のお金のつかい方も別に全然、良くなかったですけど、詳細はあえて書かないですけど、

夫のお金のつかい方はまさしく泡の様に消えてなくなる儚いものでした。

よく結婚を決めたな、と思うでしょうが、

若かったから勢いに乗れた、夫の私に対する理解がとてもあって、自分の親と過ごす時間よりも遥かに自然体でいられるんですよね。何でも受け入れてくれる。ようするに楽なんです。

だから、色々あったとしても、結婚するべくしてしたんだと思います。

とは言っても、お金の事では色々もめた

一番最初のぶち切れ事件は、

私がせっせと貯めていた500円貯金を勝手に持ち出していたこと・・

次は、

結婚指輪を買う為のお金を、よくわからない理由で、失った事。これは破談になるかと思った、本当に。

次は、

貯金力をつけてもらいたくて、お小遣いを2万円から10万円にしてみた、そこから、1年間で100万貯めて!とお願いして、それを二人で誓ったにも関わらず、やっぱり3ヶ月後くらいに確認してみたら、1円も貯金できていなかったという真実。(スロットで失っているパターンですね。)愕然。これまた破談になるかと思った。

 

他にも数えればキリがないけれども何度泣いて、けんかしただろうか、

本人は覚えているかな?

その度に、禁煙を突きつけたり、私も家出したり、交換ノートをしてみたり、

色々な事がありました。

だけど、結婚前に相手とお金について、十分話し合わないまま、結婚してしまうのも恐ろしいと思います。

旦那さんが、奥さんにちょっとの生活費を渡すだけで、後は全部、旦那さんの小遣いとか話をきくと、よろしくないなー!と思います。旦那さんがそれで貯金しているのなら、いいかもしれませんが、そうではない様子。

結婚してからよりも、結婚前の方が、お金の話はしやすいと断然と思います。

そんな事があり、我が家ではお小遣いが2万円に落ち着いた。

タバコ

夫はやっぱりタバコを吸うんですね。

何回か禁煙にもチャレンジして、結婚前にももう吸わないって事になっていたはずなんですが、

いずれコソコソ隠れて吸う様になり、隠し通せるはずもなく、今はもう開き直って堂々と吸っています。

マルメンのタバコ、今や、一箱460円。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-27-21-50-19

高い。こんな高いものが、毎日の固定費としてかかっているなんてかわいそう・・・。

依存性高く、よっぽどの風邪で調子悪いとき以外は、休煙日なんてあるわけありません。

1日1箱と計算しても、30日で、13800円。残りの金額が、コンビニでお菓子を買うという事だったり、色々。

でも、結婚前に、タバコはやめるといったのに、約束破って吸っているんだから、そんなのお小遣いに考慮しないもんね!と嫌煙丸出しで、私も半ば意地になっていました。

ギャンブル

最近では完全に、「パチンコのいつもどうせ負けるでしょ地獄」から足を洗いました。

なぜでしょう?

たまに勝ったとしてもトータルで大負けするように出来ている。とようやく気付いた事と、生活が落ち着いて安定してきた為、精神的に、パチンコやりたいと思わなくなった事と、

もしパチンコ行ってしまったら、私がどれだけ悲しい気持ちになるかを、想像してくれているからかと思います。夫への信頼ががた落ちです。これからの生活も過ごしづらいものになるでしょう。

たまに競馬場に行った際にお小遣いからちょっとの馬券を買ってたしなむのはOKです。

飲み会

月に1回か、2回程度の飲み代は、その都度、5千円程度を家計から援助。そんなに回数ありません。前もって教えてくれますし。

しかしお小遣い2万円で足りるはずもなく、それがお互いのストレスに

お小遣いは、2万円まとめて渡すと、最初の10日間くらいでなぜか無くなります。

だから、お互い仕方無しに、ちょっとずつ渡す方式に。

封筒に20枚の千円札をいれて、千円や2千円など、夫の言い値で。

月の半分くらい過ぎると、「俺、今月あといくら残っている?」がよく聞く台詞。

決まって、月が終わる前までにお小遣いが底をつき、

「来月分から貸して」と自転車操業状態。

『お金が無い』は言うのもストレス、言われるのもストレス。

本当にストレスでした。もう無いの?なんでもっと計画的に遣うことができないんだろう?と。

逆に、夫は夫で、「お金ちょうだい」と私に言うのはどれだけ惨めで、言いづらかったか。

だけどもしょうがない。だって、あればあるだけつかってしまうのだから、私がブレーキにならないと。

私が土曜日や日曜日、仕事や用事で家を空けて、外出するときにも、

滞在費ちょうだい、と訳のわからない項目のお金を求められます。それが3千円だったり、4千円だったりするんですよね。2千円じゃ何もできない!と言われたりして。(お金使って、何するんだい?ご飯だって、家にあるもの食べればお金はかからないし、ラーメン食べに行っても千円もかからないでしょうに。)

 

そんなやり取りがしょっちゅう、家の中で起こるのです。

とにかくお互いが、ストレスでした。常にお財布にお金の無い状態って、どんな気持ちなんでしょう?

私は家計を預かる身として、毎月数十万を好きに使えると考える事もできるので、今思えば、家庭内格差社会だったかもしれません。

トータルで、毎月夫に渡すお金の総額は、3万円くらいでした。(2万円のお小遣い込みで。)

だから、家計としては、まずまず結果オーライではありますが、

私が予定外のお金を渡し、リズムが崩れるストレスと

夫が、お金を要求しないと生きて行けない(タバコが吸えないから)ストレス、

どげんかせんといかん・・・・という思いはありました。

ある時ひらめいた!夫の小遣いを4万円にしよう!

思惑

2016年4月のある日、翌月の予算を考えながら、私は家計簿をずっとみてました。

夫小遣いを4万円にしてみたらどうなるだろうか?

結局、3万円は渡しているわけだし、最初から3万円という手もあるけれど、3万円あればあったで、足りなくなる事は明白。

だけど、4万円だったら、かなり本人も楽になるのではないだろうか?

その4万円で、飲み代や、私がいないときのご飯代などをすべてやりくりしてくれたらいいなあ。

でも、結局4万渡して、また泡の様に消えてしまったら、また昔の嫌な記憶がよみがえる、と心配もありました。

でも、やってみようと思ったのでした。

作戦

早速、夫に「お小遣いの金額を一時的にあげようと考えている。」と相談しました。

「ほほう!」

「それでね、選んでほしいんだけど、3万円にお小遣いをあげるか、」

「ふんふん」

「または、お小遣い帳をつけるのを条件に4万円にするか、どっちがいい?」

「お、お小遣い帳!?」

今まで、どれだけお小遣い帳をつけてほしいと言っても拒否され続けてきました。そんなめんどくさいことできるわけがないと。

だけど、今回は、お小遣いが倍になるという話です。

普通に3万円になるだけでもいい話のはずですが、ちょっと手間をかけるだけで、1万円も増額されるなら、めっちゃ良くないですか?誰だって後者を選ぶと思います。

私の考えでは、お小遣い帳をつけて、1ヶ月を4万円でやりくりする力をつけてもらいたい、という何とも上から目線ではありますが。

「お小遣い帳をつけて4万円にする。」と決めてくれた夫。作戦通りです。

お小遣いを4万円にするにあたり、提示したルール。

  1. お小遣いの増額は試験運用。失敗したと思ったら2万円に戻す。
  2. 必ず支出がわかる様に、お小遣い帳をつける。またいつでも私に見せれるようにする。
  3. 飲み会や、私が不在の時の飲食代も、とにかくお小遣いの中でやりくりする。
  4. 床屋は、お小遣いから。
  5. 毎月わずかでもいいから、貯金をする。

夫にすすめたお小遣い帳はスマホアプリ。

iPhoneなんですが、カナヘイの家計簿を使っています。

何でも良かったんだけど、無料で、シンプルで可愛いので。

%e5%a4%ab%e3%81%ae%e5%ae%b6%e8%a8%88%e7%b0%bf_5551

紙でつけるのは、大変ですが、スマホなら大体いつでも持っているので、さっとつけられます。

今のところ、頑張って入力してくれています。

最初のうちはなかなか残高と合わなくて、イラついていましたが、最近では、多少合わなくても、大体の支出が合っていればいい、と柔軟に対応しています。

そうですね、大体わかっていればいいと思います。

浪費家夫の、小遣いの内訳の例がこちら。クリックすると大きくなります。

5月%e5%a4%ab%e3%81%ae%e5%ae%b6%e8%a8%88%e7%b0%bf_7149

8月%e5%a4%ab%e3%81%ae%e5%ae%b6%e8%a8%88%e7%b0%bf_5637

10月%e5%a4%ab%e3%81%ae%e5%ae%b6%e8%a8%88%e7%b0%bf_3517

タバコ、すごいですよね。もう1箱2千円くらいにしちゃってほしい。

慣れは怖い。4万円でも足りないそうです。

お小遣いの渡し方ですが、今までは千円単位で渡していたものを、1万円札単位で4回に分けて渡すように。

私もそうなんですが、月初めに多めのお金を財布に入れます。半月分、4万円くらい。

嬉しいんですよね。お金があると。

それと同じで、今までは、財布に千円以上入っていなかったような日が多い夫が、1万円札を財布に入れるのは、とても嬉しいと思います。

1週間で1万のペースなので、余裕と思われそうですが、どっこい、

半月で3万くらいつかって、残りの半月を1万円で過ごすようなスタイルです。。。。おーい。

貯金なんてとてもできていないようです。最初は頑張ろうと思ったみたいですし、余裕と思っていたみたいですが。

でも、お小遣いが2万円だった時よりも支払う必要のある事が増えているので、仕方ない部分もあります。

お小遣いを増額してみた結果

夫のストレスが軽減した

仕事が大変なのも、キャンプが楽しみで頑張れる。

週末によく仲良い家族同士で集まって、お酒を楽しく飲めて充実感がある。

というプライベートの充実に加えて、

お小遣いが4万円あるので心に余裕がある。

と言ってくれました。私もうれしい。

タバコを1カートン、まとめ買いすることで、コンビニに行く回数が極端に減り、余計なモノを買わないようにしたり、

セブンなどでよく開催の700円ごとのくじ引きの日にあえて1カートン、買う。6回くらい引けるので、結構あたって景品もって帰ってきたり、

工夫もみられます。

妻のストレスも軽減。

相乗効果ですね。言わずもがなです。

使い方次第の話ですけど、4万円の金額はうちの夫には少ないくらいかもしれません。

朝も早く、夜も遅く、体力勝負で外仕事に毎日、頑張ってくれています。雨の日も、雪の日も、猛暑でも、家族の為に働いてくれて、お給料を全部、私に任せてくれます。私がどんなお金のつかい方をしたって、文句ひとつ言いません。言えるはずないと思いますけどね。

いつもありがとう。

今後の目標とまとめ

結果的に、お小遣い増額キャンペーンは、夫婦お互いが心にゆとりがもてたので、今時点では、やってよかった!と本気で思っています。

しかしながら、予算の中の4万円って結構大きいので、

あまりにも、無計画につかってしまう様なら、容赦なく試験運用は中止にしようと思います。

本運用、採用ならずです。

 

また、それとは裏腹に、

もしタバコを辞めてくれれば、お小遣いを5万円にしてもいいなあ、

それくらい、タバコが憎いです。ひとが吸うのは全然なんとも思いません。

夫が吸うことだけが嫌なのです。だって、長生きしてほしいし。

 

私がダイエットして目標体重になったら、タバコを辞める約束をしています。

ただし、なかなか痩せません(泣)

私が痩せて、強制的にタバコを辞める事になるか、

自主的にタバコを辞めて、お小遣いを5万円にするか、

どっちがいい?

スポンサーリンク

こちらもどうぞ!

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
  • この記事を書いた人
たまよ

たまよ

共働き4人家族。貯金ゼロ家計から一念発起して、家計簿公開しているのをモチベーションに、暮らしを見直していくブログです。2016年8月からブログ開始。のんびりのんびり更新しています。

-お金, 家計簿

Copyright© ちょきんブタ , 2018 All Rights Reserved.